ロード中...

宮古島市|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

シブイの画像

シブイ

沖縄方言名
シブイ(沖縄本島) 、 スーブ(宮古) 、 スブル(八重山)
和名
とうがん
農産物区分
野菜 (果菜類)
科名
ウリ科
生産地
宮古島市、糸満市、豊見城市
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
アジアの熱帯地方が原産で、日本には5世紀頃中国を通して朝鮮半島から伝来し、栽培されるようになりました。
沖縄の生活習慣との関連
熱帯アジア原産の野菜で、沖縄料理の定番食材です。夏に収穫されますが冬まで保存できるという名の由来のとおり、貯蔵野菜としても重宝されています。ソーキ汁などの汁物や煮物には欠かせません。
外観や食味等の特徴
トウガンは、味は淡白でさっぱりしてます。肉や魚の旨味が充分しみ込むため,汁物や煮物に適してます。特に豚肉と相性が良いようです。
栄養成分面の特徴
トウガンは、96%が水分の低カロリー食材ですが、ビタミンCやカリウムが豊富です。また利尿作用があると言われています。
伝承されてきた利用法
沖縄では、のど等の調子を整えるため種子や果皮を乾燥させたものを煎じて服用します。また腎臓等のために果実を食べます。便秘にも煎じて服用します。
選び方・保存法のポイント
重量感のあるものを選びます。風通しのよいところで保存しましょう。余ったトウガンは、ラップでくるみ、冷蔵庫で保存します。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
16.0
ビタミンB B1
mg
0.01
kJ
67.0
B2
mg
0.01
たんぱく質
g
0.5
B6
mg
0.03
脂質
g
0.1
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
19.0
ビタミンC
mg
39.0
mg
0.2
ビタミンK
μg
1.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.4
カロテン
μg
0.0
不溶性
g
0.9
レチノール当量
μg
0.0
総量
g
1.3
コメント欄
とうがん 果実、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  22年産 23年産 24年産
作付け面積(ha) 71 87 88
収穫量(t) 2,241 2,307 2,731
出荷量(t) 2,013 2,072 2,453
※県推計値である。
野菜の作付面積、出荷量及び出荷量(沖縄県園芸振興課調べ)
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。