ロード中...

糸満市|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

ナーベーラー

ナーベーラー

沖縄方言名
ナーベーラー(沖縄本島) 、 ナビャーラ(宮古) 、 ナベーラ(八重山)
和名
へちま
別名
いとうり
農産物区分
野菜 (果菜類)
科名
ウリ科
生産地
南風原町、糸満市 、 八重瀬町
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
中国、インドでは古くから栽培され、日本には中国を経て渡来しました。江戸時代前期に沖縄に渡来したといわれています。
沖縄の生活習慣との関連
沖縄では、ゴーヤーと並び夏野菜の横綱格。 ナーベーラーは、開花から約2週間頃の若い実を食用にします。また、繊維のあまり発達しない品種を栽培しております。
外観や食味等の特徴
沖縄では、ナーベーラーを味噌煮にすることが多く、その滑らかな食感とまろやかな甘味が食欲をそそります。柔らかい種もそのまま調理します。
栄養成分面の特徴
ナーベーラーは、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、美容にいい夏野菜です。
伝承されてきた利用法
本土では、タワシ等日用加工品として利用されることが多いですが、沖縄では食材として、味噌煮、炒め物、汁物等に利用され食されています。
選び方・保存法のポイント
太くなり過ぎず、表面は緑色のものを選びます。保存は水分をふき取り、新聞紙に包んで冷蔵庫へ。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
16.0
ビタミンB B1
mg
0.03
kJ
67.0
B2
mg
0.04
たんぱく質
g
0.8
B6
mg
0.07
脂質
g
0.1
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
12.0
ビタミンC
mg
5.0
mg
0.3
ビタミンK
μg
12.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.5
カロテン
μg
44.0
不溶性
g
0.5
レチノール当量
μg
4.0
総量
g
1.0
コメント欄
へちま 果実、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  22年産 23年産 24年産
作付け面積(ha) 45 52 51
収穫量(t) 1,116 1,151 1,274
出荷量(t) 893 921 1,022
※県推計値である。
野菜の作付面積、出荷量及び出荷量(沖縄県園芸振興課調べ)
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。