ロード中...

宜野湾市|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

ハンダマ

ハンダマ

沖縄方言名
ハンダマ(沖縄本島) 、 パルダマ(宮古) 、 パンダマ(石垣)
和名
すいぜんじな
別名
金時草
農産物区分
野菜 (葉茎菜類)
科名
キク科
生産地
八重瀬町
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
原産地の熱帯アジアから中国を経由して日本に伝わったとされるキク科の多年草。寒さに弱いため、日本国内では沖縄から南九州の温かい地に自生していますが、石川県では金時草の名で栽培されています。
沖縄の生活習慣との関連
沖縄では古くから[血の葉・不老長寿の葉]と言われ、民間療法薬としておおいに活躍していました。
外観や食味等の特徴
ハンダマは、葉表が緑色、葉裏が紫赤色しており加熱するとヌメリが出るのが特徴です。茹でて和え物、雑炊、汁の具にするとほんのり紫に色づきます。
栄養成分面の特徴
ビタミンB2、ビタミンA、鉄分を含むほか、葉の赤紫色にはポリフェノールが含まれており抗酸化作用を持っていると言われています。
伝承されてきた利用法
疲労時に葉や茎を煎じたり煮て食べたりしていました。風邪のひきはじめにも良いそうです。
選び方・保存法のポイント
葉の緑と紫が濃く鮮やかで、みずみずしいものを選びましょう。傷みやすいので早めに使い切るのがよいですが、保存する場合は湿らせた新聞紙などに包み、ビニールに入れて冷蔵庫に入れましょう。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
27.0
ビタミンB B1
mg
0.07
kJ
112.97
B2
mg
0.09
たんぱく質
g
1.3
B6
mg
0.086
脂質
g
0.4
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
211.0
ビタミンC
mg
16.0
mg
1.54
ビタミンK
μg
184.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
1.0
カロテン
μg
2450.0
不溶性
g
3.0
レチノール当量
μg
408.0
総量
g
4.0
コメント欄
2005年 財団法人 日本食品分析センター 分析試験結果
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。