ロード中...

八重瀬町|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フーチバー

フーチバー

沖縄方言名
フーチバー(沖縄本島) 、 ヤツーウサ(宮古) 、 ヤタフツイ(石垣)
和名
にしよもぎ
農産物区分
野菜 (葉茎菜類)
科名
キク科
生産地
八重瀬町
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
沖縄のフーチバーは、県外のヨモギとは違い苦味の柔らかなニシヨモギという種類です。
沖縄の生活習慣との関連
沖縄では古くから細かく刻んでシューシ(炊く込みご飯)に入れたり、肉汁や魚汁、山羊汁の臭み消しや薬味として食されてきました。
外観や食味等の特徴
フーチバーは、独特のさわやかな香りがあります。調理する場合は根に近い葉は硬いので避けた方がいいでしょう。汁ものに入れる場合は、調味する前に入れると苦味がきつくなりません。
栄養成分面の特徴
ビタミンA、カルシウム、カリウム、鉄分を多く含みます。また、ヨモギの独特の強い香りの成分として、シネオールやセスキテルペンなども含みます。
伝承されてきた利用法
昔から葉を煎じてその汁を服用しています。天日干しした葉は入浴剤として利用しました。沖縄においては、薬草として幅広く家庭で利用されています。
選び方・保存法のポイント
モスグリーンに近い、柔らかそうな葉を選びましょう。特に葉に斑点が出ているのは避けてください。保存は湿らせた新聞紙などに包んで、立てた状態で冷蔵庫へ。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
46.0
ビタミンB B1
mg
0.19
kJ
192.0
B2
mg
0.34
たんぱく質
g
5.2
B6
mg
0.08
脂質
g
0.3
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
180.0
ビタミンC
mg
35.0
mg
4.3
ビタミンK
μg
340.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.9
カロテン
μg
5300.0
不溶性
g
6.9
レチノール当量
μg
440.0
総量
g
7.8
コメント欄
よもぎ 葉、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。