ロード中...

豊見城市|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フーロー豆

フーロー豆

沖縄方言名
フーロー豆
和名
じゅうろくささげ
別名
長ササゲ 、 三尺ササゲ 、 大角豆
農産物区分
野菜 (果菜類)
科名
マメ科
収穫時期
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
沖縄に伝来された時期
中央アフリカ、サハラ砂漠の南のサバンナ地帯が原産です。わが国へは中国から渡来し、奈良時代(8世紀)の古書に登場します。
沖縄の生活習慣との関連
インゲンより暑さや病気に強く、育てやすいのが特徴です。夏の野菜として重宝します。乾燥させた豆は、皮が硬く、長い時間煮ても胴割れを起こさないので、縁起を担いで、お祝いの赤飯には好んで使われました。
外観や食味等の特徴
食味・食感は、インゲンによく似ていて、サヤの長さが30?60cmにもなります。緑のものと紫色の2種類があり、炒め物・煮物・天ぷら等に利用します。乾燥させた生の豆の主な用途は、菓子・あん・赤飯などです。
栄養成分面の特徴
若さやはタンパク質や糖質は少ないですが、ビタミンA,Cが含まれています。乾燥豆の栄養成分はアズキに似て、タンパク質、糖質に富み、カリウム、ビタミンB1にも富んでいます。
伝承されてきた利用法
内臓の働きをよくし、体力をつけます。
選び方・保存法のポイント
若さやは、ヘタと先端部分に傷みのないものを選びます。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
24.0
ビタミンB B1
mg
0.08
kJ
100.0
B2
mg
0.07
たんぱく質
g
2.5
B6
mg
0.11
脂質
g
0.1
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
28.0
ビタミンC
mg
25.0
mg
0.5
ビタミンK
μg
160.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.3
カロテン
μg
1140.0
不溶性
g
3.9
レチノール当量
μg
96.0
総量
g
4.2
コメント欄
じゅうろくささげ 若ざや、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。