ロード中...

大宜味村|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

ヤマン

ヤマン

沖縄方言名
ヤマン 、 ヤマンム
和名
だいじょ
別名
ヤマノイモ 、 ヤムイモ
農産物区分
野菜(根菜類)
科名
ヤマノイモ科
生産地
うるま市 、 大宜味村
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
東南アジアからアフリカまで、広く熱帯地方で食用とする植物で、つるを伸ばして茂り、根の部分に栄養分を貯え、巨大なイモを作ります。
沖縄の生活習慣との関連
煮たり、菓子(カルカン等)に加工したりします。饅頭の皮に入れれば、色粉を使わなくても赤い饅頭が出来ます。粘りが強いので、すりおろして油で揚げることも出来ます。イモは1株100kgにも肥大することから本島中部地域では、その大きさを競うヤマイモスーブ(勝負)が毎年開催されています。
外観や食味等の特徴
いもの皮は黒褐色?紅褐色を帯び、可食部は、白色だけでなく紫色(紅ヤマイモ)もあります。また、非常に粘りが強いイモです。
栄養成分面の特徴
酵素の働きで消化がよく、肉料理の際によく利用されます。また、紫色のヤマイモにはポリフェノールが含まれています。
伝承されてきた利用法
滋養、強壮には塊根を食べます。テンプラ、煮付け等として食されてきました。
選び方・保存法のポイント
低温に弱いので、常温で保存します。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
109.0
ビタミンB B1
mg
0.1
kJ
456.0
B2
mg
0.02
たんぱく質
g
2.6
B6
mg
0.28
脂質
g
0.1
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
14.0
ビタミンC
mg
17.0
mg
0.7
ビタミンK
μg
0.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.5
カロテン
μg
3.0
不溶性
g
1.7
レチノール当量
μg
0.0
総量
g
2.2
コメント欄
だいじょ 塊根、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。