ロード中...

豊見城市|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

ンスナバー

ンスナバー

沖縄方言名
ンスナバー(沖縄本島) 、 ソーギナ(宮古、八重山)
和名
ふだんそう
農産物区分
野菜 (葉茎菜類)
科名
アカザ科
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
原産国は南ヨーロッパで、シチリア島では紀元前から栽培されていたといわれています。日本へは中国を経て明治時代に伝えられました。
沖縄の生活習慣との関連
次々と葉が絶えることなく出てくるので、“不断草”と呼ばれるようになったとか。暑さと乾燥に強くよく繁殖するので、沖縄では終戦後、野菜が少なかった時期によく食べられていたそうです。
外観や食味等の特徴
うちわのように肉厚で、中央の太い大きな葉脈が特徴です。葉は柔く、茎はシャキシャキとした食感が楽しめます。ただし、アクが強いため下茹でを必ずしたほうがよいでしょう。
栄養成分面の特徴
ビタミンAやB2などビタミン類、カリウム、カルシウム、鉄分といったミネラル分も豊富です。
伝承されてきた利用法
スープなどの煮込みに使ったり、シンプルに炒めて利用します。
選び方・保存法のポイント
葉はいきいきとした肉厚のものを選びましょう。小ぶりのものが柔らかくておいしいようです。保存は新聞紙などで包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。なるべく立てたまま保存しましょう。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
19.0
ビタミンB B1
mg
0.07
kJ
79.0
B2
mg
0.23
たんぱく質
g
2.0
B6
mg
0.25
脂質
g
0.1
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
75.0
ビタミンC
mg
19.0
mg
3.6
ビタミンK
μg
180.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.5
カロテン
μg
3700.0
不溶性
g
2.8
レチノール当量
μg
310.0
総量
g
3.3
コメント欄
ふだんそう 葉、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。