ロード中...

中城村|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

島ニンジン

島ニンジン

沖縄方言名
チデークニ(沖縄本島) 、 キダィクニィ(宮古) 、 キンダイクニ(八重山)
和名
島にんじん 、(黄)にんじん
農産物区分
野菜(根菜類)
科名
セリ科
生産地
糸満市 、 中城村
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
17世紀にシルクロード、中国を経て、日本に伝わりました。黄色が特徴の沖縄の在来種ですが、一時は東北地方から九州地方まで広く栽培されていたようです。
沖縄の生活習慣との関連
島ニンジンとレバーや腎臓、赤肉とともに煮こんだ汁物は体力増進として重宝されています。
外観や食味等の特徴
方言で黄色い大根を意味する[チデークニ]と呼ばれ、細長く薄い黄色をしており、見た目はゴボウと良く似ています。香りには独特のさわやかさがあります。
栄養成分面の特徴
島ニンジンにはカロテンが豊富に含まれています。カロテンは、油と一緒に調理すると吸収がよくなります。
伝承されてきた利用法
滋養食として古くから利用されてきています。汁物、炒め物等幅広い料理法で食されています。
選び方・保存法のポイント
軽く濡れた新聞紙などでくるみ、冷蔵庫で保存しましょう。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
32.0
ビタミンB B1
mg
0.08
kJ
B2
mg
0.05
たんぱく質
g
1.1
B6
mg
脂質
g
0.3
B12
μg
カルシウム
mg
38.8
ビタミンC
mg
21.0
mg
2.31
ビタミンK
μg
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
カロテン
μg
80.0
不溶性
g
レチノール当量
μg
13.0
総量
g
3.2
コメント欄
2002年 財団法人 日本食品分析センター 分析試験結果
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。