ロード中...

豊見城市|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

野菜パパイヤ

野菜パパイヤ

沖縄方言名
パパヤ(沖縄本島) 、 マンジュウギ(宮古) 、 マンジュイ(石垣)
和名
パパイヤ
農産物区分
野菜 (果菜類)
科名
パパイヤ科
生産地
石垣市、那覇市、読谷村
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
熱帯アメリカ原産で、沖縄へは中国から台湾を経て18世紀頃に入ってきたと言われています。熱帯・亜熱帯の気候で育つため、葉野菜が少なくなる暑い夏に貴重な野菜として親しまれています。
沖縄の生活習慣との関連
沖縄では、熟す前のパパイヤを野菜として利用しています。また、パパイヤを食べると、母乳の出がよくなるという事から、肉汁等の実として、出産後の方々が良く食してきました。
外観や食味等の特徴
パパイヤは煮ると大根のような食感があります。生で食する場合は、少々辛めのドレッシングが合います。調理するときは、流水にさらしてアクを抜いて下さい。炒め物にも良く合います。
栄養成分面の特徴
ビタミンAやカリウムを含む他、パパインというタンパク質分解酵素を含みます。
伝承されてきた利用法
パパイヤの利用法としては、熟す前の野菜としての利用が沖縄での特徴です。もちろん果物としても食します。パパイヤは、脂肪やタンパク質を分解する作用から、ダイエットにいい野菜とされています。さらに、昨今では、化粧品原料としても注目されています。
選び方・保存法のポイント
しっとりとした緑色と重量感のあるものを選びます。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
39.0
ビタミンB B1
mg
0.03
kJ
163.0
B2
mg
0.04
たんぱく質
g
1.3
B6
mg
0.01
脂質
g
0.1
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
36.0
ビタミンC
mg
45.0
mg
0.3
ビタミンK
μg
0.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.4
カロテン
μg
45.0
不溶性
g
1.8
レチノール当量
μg
10.0
総量
g
2.2
コメント欄
パパイヤ 未熟、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  22年産 23年産 24年産
作付け面積(ha) 12 8 15
収穫量(t) 485 268 476
出荷量(t) 373 206 366
※県推計値である。
野菜の作付面積、出荷量及び出荷量(沖縄県園芸振興課調べ)
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。