ロード中...

葉ニンニク|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

葉ニンニク

葉ニンニク

沖縄方言名
ヒルンクワー 、 ヒル 、 フル
和名
葉にんにく
農産物区分
野菜 (葉茎菜類)
科名
ユリ科
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
古い時期に中国より日本へ入ってきたと思われています。沖縄では、15世紀には葉や鱗茎が食用にされていたようです。
沖縄の生活習慣との関連
沖縄では冬場の重要な野菜で、炒め物、鍋物、和え物などに良く使われます。”ニンニクの芽”とは違う野菜です。
外観や食味等の特徴
[にんにく]を直接食べるよりも香りがやわらかく、葉はニラよりも歯ごたえがあり、炒め物に向く野菜です。
栄養成分面の特徴
成分としてアリインなどを含みます。カルシウム、ビタミン、鉄分などが多く、新陳代謝、血行をよくします。
伝承されてきた利用法
強壮、強精、カゼの予防として利用していました。また、胃が弱った時に、すりおろして少量ずつ用いたようです。
選び方・保存法のポイント
鮮度が落ちやすいので、早めに食べましょう。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
42.0
ビタミンB B1
mg
0.19
kJ
175.7
B2
mg
0.17
たんぱく質
g
3.3
B6
mg
0.27
脂質
g
0.7
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
90.7
ビタミンC
mg
46.0
mg
2.86
ビタミンK
μg
322.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.9
カロテン
μg
3020.0
不溶性
g
3.7
レチノール当量
μg
252.0
総量
g
4.6
コメント欄
2008年 財団法人 日本食品分析センター 分析試験結果
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。