ロード中...

今帰仁村|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

クワンソウ

沖縄方言名
クワンソウ(沖縄本島) 、 シファンツァ(宮古) 、 パンソー(石垣)
和名
あきのわすれぐさ
別名
カンゾウ
農産物区分
野菜 (葉茎菜類)
科名
ユリ科
生産地
今帰仁村
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
九州列島から南九州まで自生し、沖縄では古くから庭の植栽や家庭菜園に植え薬用・食用に栽培されてきた多年草です。
沖縄の生活習慣との関連
沖縄の気候に大変適していて、以前はどこの家の庭でも栽培されていました。食用というよりはむしろ民間療法的な利用が多いようです。
外観や食味等の特徴
若芽や葉、根元の柔らかい部分は和え物に、花は酢の物や天ぷらにして食べます。オレンジの花は百合のようで観賞にも向いています。
栄養成分面の特徴
根にはアミノ酸、アスパラギンサ酸、リジン、アルギニンなどが含まれ、利尿作用があるといわれています。花にはヒドロキシグルタミン酸、ベータシトステロールという成分が含まれています。
伝承されてきた利用法
沖縄では昔からリラックス効果があると言われ、刻んで乾燥させたものを煎じて服用すると、安眠に効果があると言われています。茎の根元の白い部分を豚肉、牛肉または動物の内臓と一緒に汁物として調理されてきました。
選び方・保存法のポイント
市場やスーパーなどでは、根が切られた状態で売られていることが多いので、切り口が変色していない、みずみずしいものを選びます。保存の場合は、濡れた新聞紙などに包んで冷蔵庫に。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
41.0
ビタミンB B1
mg
0.05
kJ
171.54
B2
mg
0.03
たんぱく質
g
0.9
B6
mg
0.077
脂質
g
0.2
B12
μg
カルシウム
mg
29.5
ビタミンC
mg
13.0
mg
1.05
ビタミンK
μg
29.0
ビタミンA レチノール
μg
食物繊維 水溶性
g
0.2
カロテン
μg
293.0
不溶性
g
3.3
レチノール当量
μg
48.0
総量
g
3.5
コメント欄
2005年 財団法人 日本食品分析センター 分析試験結果
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。