ロード中...

豊見城市|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

ゴーヤー

沖縄方言名
ゴーヤー 、 ゴーラー(宮古) 、 ゴーヤ(八重山)
和名
にがうり
別名
つるれいし
農産物区分
野菜 (果菜類)
科名
ウリ科
生産地
今帰仁村 、 糸満市 、宮古島市
収穫時期
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
沖縄に伝来された時期
ゴーヤーの原産地は、インド東北部で、中国には明代(14世紀末)に伝わり、日本へは中国経由で慶長年間(1596~1615)に渡来したといわれていますが、沖縄には本土よりも早く15世紀の前半までには伝わっていると考えられています。
沖縄の生活習慣との関連
琉球王朝時代から沖縄の人々に食されてきたゴーヤーは、以前は、家庭の庭先で栽培されていました。ときには近所のお年寄りたちがゴーヤーを持ちよってそのできを競うことも。最近では、周年栽培され、季節を問わず食されるようになりましたが、旬は4月~7月で夏を代表する野菜です。
外観や食味等の特徴
つぶつぶの大きいアバシゴーヤー等があまり苦くなく、つぶつぶが小さくて色の濃いものは苦いようです。ゴーヤーが苦手な場合は、塩もみした後、水気を切ると苦味がやわらぎます。
栄養成分面の特徴
ゴーヤーの成分で特徴的なのは、ビタミンCが豊富なことで、その量はレモンの約1.5倍。加熱しても壊れにくいといわれています。また、モモルデシン(苦味)という成分は、肝臓に優しく、胃腸を刺激して食欲増進に効果があると言われています。
伝承されてきた利用法
ゴーヤーの利用法としては、ゴーヤーちゃんぷるーに加え、天ぷら、酢の物等の料理、最近では、飲料用(お茶)、ふりかけ、のほかサプリメント等、数多く製品化されています。
選び方・保存法のポイント
表面がつやつやしていてみずみずしいものを選びましょう。余ったゴーヤーは、種をとって水分を取り、新聞紙等で包んで冷蔵庫に保存します。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
17.0
ビタミンB B1
mg
0.05
kJ
71.0
B2
mg
0.07
たんぱく質
g
1.0
B6
mg
0.06
脂質
g
0.1
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
14.0
ビタミンC
mg
76.0
mg
0.4
ビタミンK
μg
41.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
0.5
カロテン
μg
253.0
不溶性
g
2.1
レチノール当量
μg
17.0
総量
g
2.6
コメント欄
にがうり 果実、生
[五訂増補 日本食品標準成分表]平成17年3月 文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会より
  22年産 23年産 24年産
作付け面積(ha) 326 303 307
収穫量(t) 7,536 6,041 7,151
出荷量(t) 6,405 5,135 6,078
※県推計値である。
野菜の作付面積、出荷量及び出荷量(沖縄県園芸振興課調べ)
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。