ロード中...

与那国島|おきなわ伝統的農産物データベース

おきなわ伝統的農産物データベース

  • 名称で探す
  • 沖縄方言で探す
  • 和名で探す
  • 別名で探す
  • ジャンルで探す
  • 科目別に探す
  • 生産地別で探す
  • 収穫時期で探す

検索

キーワードで探す

 

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

フィルター

サクナ

沖縄方言名
サクナ(沖縄本島) 、 ウプバーサフナ(宮古) 、 チョーミーグサ(石垣)
和名
ぼたんぼうふう
別名
長命草
農産物区分
野菜 (葉茎菜類)
科名
セリ科
生産地
与那国島
収穫時期
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
沖縄に伝来された時期
沖縄諸島に多く分布しているセリ科の植物で常緑多年草、海岸の断崖や珊瑚石灰岩でできた岩場などに多く自生し、濃い肉厚の緑の葉を繁茂させます。
沖縄の生活習慣との関連
沖縄の八重山地域では長命草とも呼ばれ、内臓器官に良い効果があるといわれています。また、魚介類の食中毒防止に刺身のツマとして利用されてきました。
外観や食味等の特徴
葉や茎を細かく刻んで和え物や、下葉よりも柔らかい若芽を天ぷらに利用します。独特の香りがあるので、山羊汁や魚汁に入れると臭い消しになります。
栄養成分面の特徴
カロテンやビタミンCおよびカルシウムを豊富に含んでおり、山羊汁に入れたり、肉類と煮込んだり、白和えや天ぷら、刺身のツマなどに利用します。
伝承されてきた利用法
昔から風邪や咳止めに利用されてきました。根は煎じて飲むとよいとされています。最近では粉末にして、そばや菓子に幅広い加工品としても製品化されています。
選び方・保存法のポイント
葉に白っぽい光沢があり、ツヤツヤしたものを選びます。保存する場合は、濡れた新聞紙などに包んでビニール袋にいれ冷蔵庫へ。また、2,3日なら水につけていても大丈夫です。
成分名
単位
成分名
単位
エネルギー
kcal
58.0
ビタミンB B1
mg
0.07
kJ
242.67
B2
mg
0.13
たんぱく質
g
1.7
B6
mg
0.12
脂質
g
1.0
B12
μg
0.0
カルシウム
mg
341.0
ビタミンC
mg
47.0
mg
1.91
ビタミンK
μg
194.0
ビタミンA レチノール
μg
0.0
食物繊維 水溶性
g
1.3
カロテン
μg
2550.0
不溶性
g
5.8
レチノール当量
μg
423.0
総量
g
7.1
コメント欄
2005年 財団法人 日本食品分析センター 分析試験結果
  • おきレシでレシピを探す
  • この品目を薬草データベースから探す

この品目のPOPをダウンロードする

  • おきなわ食材レシピねっと おきレシ
  • しま食ねっと
  • おきなわ食材の店
当サイトの利用について
当サイトでは、沖縄の伝統的な農産物の栄養成分や料理レシピなど、あらゆるデータをまとめておりますので、島野菜のデータベースとしてお使い頂けます。