沖縄食材

アセロラ

アセロラの特徴
沖縄方言名:
アセローラ
和名:
アセロラ
主産地:
沖縄本部半島
旬の時期:
5月~10月
食品成分表(100g中)
カリウム130mg
カルシウム11mg
マグネシウム10mg
カロテン370μg
ビタミンB0.03mg
ビタミンB20.04mg
ビタミンC1700mg
葉酸45μg
食物繊維1.5g

※科学技術庁資源調査会/編 5訂日本食品準成分表より

保存方法:
収穫後は痛みやすいので、すぐに食べない時は冷凍します。生食の場合は追熟すると酸味が抜けてしまうので、食べる直前に冷やします。

一口メモ — 食材の豆知識

  • 日本では1958年に名護農業試験場に植えられたのが最初で、本格栽培は1980年代に入ってからです。 県から拠点産地として本部町が認定されています。5月12日を「アセロラの日」に制定して普及に努めています。
  • 生産量日本一を誇る本部町でも栽培に手間がかかるので、年間10tほど。年々増加しています。
  • 本部町ではアセロラのことを愛称を込めて「アセローラ」と呼んでいます。

アセロラを使ったレシピ

アセロラを使ったレシピをもっと見る