沖縄食材

パッションフルーツ

パッションフルーツの特徴
和名:
クダモノトケイソウ
主な品種:
紫玉種、黄玉種、中間種
主産地:
沖縄本島南部地域、恩納村、石垣島など
旬の時期:
4月上旬~8月下旬
食品成分表(100g中)
カリウム280mg
カロテン1100μg
0.6mg
0.08mg
ナイアシン1.9mg
ビタミンB20.09mg
ビタミンB60.18mg
葉酸86μg

※科学技術庁資源調査会/編 5訂日本食品準成分表より

食べ方のポイント:
果実のヘタの部分から5分の4の位置でカットし、スプーンでかき混ぜ、タネごと食べます。
保存方法:
パッションフルーツは追熟させると酸味が減少します。冷蔵庫に入れるのは、召し上がる当日がいいでしょう。表面にシワがよってきたら食べ頃です。 熟したら、冷蔵庫で冷やします。

一口メモ — 食材の豆知識

  • 日本には明治時代から導入され沖縄には奄美大島を経て広まりました。

パッションフルーツを使ったレシピ

パッションフルーツを使ったレシピをもっと見る