沖縄食材

パインアップル

パインアップルの特徴
和名:
パイナップル
主な品種:
スムース・カイエン、ボゴールパイン、ピーチパイン
主産地:
沖縄本島北部地域、石垣島など
旬の時期:
4月~9月
食品成分表(100g中)
カリウム150mg
マグネシウム14mg
ビタミンA30μg
ビタミンB0.08mg
ビタミンB20.02mg
ビタミンB60.08mg
ビタミンC27mg
食物繊維1.5g

※科学技術庁資源調査会/編 5訂日本食品準成分表より

食べ方のポイント:
生の切っていない果実であれば逆さまに立てかけます。樹上で熟させるため、常温で保存しても追熟せずに傷みやすいので早めに食べ切りましょう。

一口メモ — 食材の豆知識

  • 1960年代には沖縄で年間10万tの生産量がありましたが、平成18年には1万700tにまで減少しています。

パインアップルを使ったレシピ

パインアップルを使ったレシピをもっと見る