沖縄食材

タイモ

タイモの特徴
沖縄方言名:
ターンム、ターム
和名:
みずいも
主産地:
宜野湾市・金武町
旬の時期:
12月~4月
食品成分表(100g中)
カリウム290mg
カルシウム46mg
マグネシウム23mg
ビタミンB0.16mg
ビタミンB20.02mg
ビタミンC7mg
葉酸27μg
食物繊維2.2g

※科学技術庁資源調査会/編 5訂日本食品準成分表より

食べ方のポイント:
独特の粘り、風味がなんとも言えません。芋茎(ずいき)はムジと呼ばれ、繊維を取り除いて調理します。下準備として水に浸してあく抜きをする必要があります。
保存方法:
蒸したものを新聞紙で包み、冷蔵庫で保存します。

一口メモ — 食材の豆知識

  • 水田で栽培される里芋の一種で、南方から伝わったかなり古い作物です。
  • 水田の中で子芋を次々と増やす事から、子孫繁栄をもたらす縁起物として、沖縄の正月や盆などの行事料理には現在でも欠かせない食材でイモだけでなく、ズイキも食します。
  • 何故、生で流通されないのか? ・生のままだと固く赤くなり腐敗が早くなる。 ・蒸し煮か水煮にしないと良し悪しがわからない。

タイモを使ったレシピ

タイモを使ったレシピをもっと見る