沖縄料理レシピなら おきレシ
メインメニュー

沖縄食材

クルマエビ

クルマエビ

沖縄県はクルマエビ生産量日本一。温暖な気候を活かして冬場を中心に出荷されます。
ちょっと値段は高いけど、刺身や天ぷらは絶品です。お歳暮などの贈答品としても人気商品です。

選ぶポイント

和名:
クルマエビ
主な品種:
大型のものを「クルマエビ」、小ぶりのものを「さい巻」と呼びます。
旬の時期:
11月~3月(沖縄での出荷時期)
食べ方のポイント:
活きたクルマエビは、氷水に入れて動きを鈍くさせます。背ワタを抜いて使います。
保存方法:
活きたクルマエビは、仮眠状態なので早目に食べましょう。オガクズの中に入っている場合は、そのまま冷蔵庫に入れます。長く保存する場合は、オガクズを洗い落としてラップでくるみ冷凍します。

一口メモ — 食材の豆知識

  • 「姿のイセエビ、味のクルマエビ」という言葉があるくらい、味が良く高値で取引されています。
  • 栄養分では、アミノ酸のグリシンを豊富に含んでいます。

© 2013–5 Okireci