お知らせ

2017年1月

 

沖縄もすっかり寒くなり、鍋が恋しい季節。今日は沖縄風おでんの紹介です。

 

IMG_4768.JPG

 

沖縄のコンビニや飲食店のおでんにはてびちが入っていることが多いですが、ひでおばあのおでんもてびち入り。みなさんのご家庭のおでんもてびち入りが多いのではないでしょうか。

 「てびち入りのおでんは長男が大好きだからよく作るさあ」とひでおばあ。ぶつぎりのてびちがごろごろ並びます。「最近の若い方はてびちを家で料理することは少ないかもしれないけど、下茹での仕方がわかれば、おうちでも料理できますよ」とお嫁さんの邦子さんは言います。

 

 

 下茹では、てびちを鍋にいれ、たっぷりの水で沸騰させ、一度水をこぼして流水で血合いや細かい骨を洗い落とし、その後また1時間半~2時間ほど弱火でことことじっくり茹でます。そうすることで余分な脂が落ち、他の部位よりもヘルシーに食べることができます。

 

 

 島袋家では出来上がったおでんにレタスや、葉もの野菜をいれるのも特徴。できるだけ野菜をたっぷりとるようにしているのだそうです。

 下茹では少し時間はかかりますが、その方法さえマスターすればヘルシーで体にうれしい食材。てびちを食べる習慣を今後も残していくためにも、てびちを調理したことがないよという方も、ぜひご家庭で取り入れていってほしいと思います。

 

 

沖縄風おでん

 

材料(5名分)

島豆腐 1丁

てびち(前足)1本

板こんにゃく 1袋

昆布 2本

かまぼこ(四角いの) 1つ

しいたけ 6つ

大根 1/2本

レタス お好みで

だし汁 1L

しょうゆ お好みで

塩 少々

みりん お好みで

酒 お好みで

※島袋家はしょうゆ:みりん:酒は1:1:1くらいの割合です。

 

作り方

 

 

1.島豆腐は1センチくらいの厚さに切り、油で揚げる(市販の厚揚げでもOKです)。こんにゃくは1センチほどに切り、下茹でする。昆布は水で戻して(5分程度)結び昆布にする。大根は 2~2.5センチほどの輪切りにして30分ほど下茹でする。しいたけは、石づきをとり、かまぼこは食べやすい大きさに切っておく。

DSC_0423.JPG

 

 

 

2.てびちは4センチほどの厚さに切り、下茹でをする。沸騰して2,3分たったら水をこぼして流水で洗う。

 

DSC_0418.JPG

 

 

3.大き目の鍋に洗ったてびちをいれ(あとでだし汁と他の材料をいれるのでその余裕がある大きさが良い)、水をいれて、さらに1時間半~2時間茹でる。箸がすっと通るようになったら下茹でした大根とこんにゃくを入れ、だし汁を調味料を足して味をしみこませる(30分ほど)。

DSC_0460.JPG

 

 

4.大根にだしがしみこんできたら、しいたけ、結び昆布、揚げ豆腐、レタスをいれて完成。

IMG_4768.JPG

 

 

 

てびち(豚足)はとってもヘルシー

DSC_0425.JPG

 

 

沖縄料理になくてはならない豚肉ですが、中でもてびち料理は県民に人気です。てびちは脂が多いイメージがありますが、下茹でして使うので他の部位よりもヘルシーと言われています。加えてコラーゲンたっぷりで、女性や高齢者にはうれしい食材。下茹でをマスターしてぜひご家庭でも取り入れてみてください。

 

 

 

 

沖縄県での地産地消を考える「地産地消シンポジウム」。2017年も開催されることとなりましたhappy01

chisanchishou2017.png

沖縄県が主催のこのイベントshine 今回のシンポジウムでは、「食」か ら見る地域の魅力とは何か、沖縄食材を活用する県内の「おきなわ食材の店」そして生産者の取組みから、沖縄における地産地消の大切さや可能性を考える内容となっていますconfident

基調講演は「地域をめぐり地域を味わう!」と題して北海道を中心に活躍されているおおまちかおりさんが登壇。北海道と沖縄では、地理や気候的にまったくの反対ですが、それだけに食材の魅力の共通点や相違点を見ることで、これまで気づかなかった沖縄の食材の魅力を再発見できる機会になりそうですねheart04

 

mailお申し込みは申込書をダウンロードしてFAX(098-869-0441)、またはメール(otssmrc@otsinfo.co.jp)でお申込みください。

~~申込書はこちらから~~★地産地消シンポジウム2017チラシ.pdf

【沖縄県地産地消シンポジウム2017】

日時:1月18日(水)14:00~16:30

場所:沖縄県立博物館・美術館講堂

---------入場無料!---------

問い合わせ先:地産地消シンポジウム運営事務局(株式会社OTSサービス経営研究所)

TEL:098-869-1717

FAX:098-869-0441

MAIL:otssmrc@otsinfo.co.jp

私たちにとってとても身近な沖縄食材。普段何気なく食べているけれど、赤ちゃんのとき、離乳食の時期、幼児期、小学生~高校生まで、年齢によって必要な食材は変わってくるはず。その年齢にあった県産食材の調理の仕方や特に食べてほしい食材、レシピを紹介します。

 

 

妊娠中の食事

 

  1. 「量」1日の食事の適量を守る
  2. 「質」栄養バランスよく食べる
  3. 「摂り方」規則正しくを毎日続ける

 

 

 

ポイント

お肉

ヒレ肉は妊婦さんに積極的にとってほしい食材。豚肉はビタミンB1が豊富で脂身が少ないので、おすすめです!鶏肉のささみ、ムネ肉はヘルシーで高たんぱくな食材。皮は剥いで食べるのがポイントです。

 

お魚

お魚には体を作るたんぱく質や調子を整えるビタミン・ミネラルが豊富。脳に良いと言われるEPAやDHAなどたくさんの栄養素が入っているのでいろんな種類の魚を摂取すると良いでしょう。沖縄近海で獲れるキハダマグロやチャンプルーに大活躍のツナ缶も妊婦さんの味方です。

 

 

調理方法にも一工夫!

調理に入る前に、材料をまず茹でてからはじめると少量の油で調理可能です。揚げる>炒める>煮る>蒸す>網焼き>ゆでる、の順で油を控えることができるので上手に調理をしてくださいね。

 

 

一目でわかる!栄養バランス

「色が揃えば、栄養素も揃う」「彩りの良い食事は栄養バランスが良い」と言われるように、栄養バランスを見るために色は重要。「白・黒・黄・緑・赤」が1食にバランスよく入っているか、「いただきます!」の前に確認しよう!

 

 

 

栄養士さんおすすめ!

海藻はたっぷり食べて!ツナの味を活かして塩分も控えめ!

 

 

 

もずく入りにんじんシリシリー

 

IMG_7112.JPG

 

材料(2人分)

にんじん 小2本

もずく 100g

ツナ缶 1缶

和風だしの素 適量

 

作り方

  1. にんじんをシリシリにする。もずくは塩でもんで流水で洗い、絞って水気を切って3センチほどの長さにカットする。
  2. フライパンを熱し、ツナ缶を油ごと入れる。軽く炒めたらにんじん、もずくを入れ、さらに炒める。
  3. 火が通ったら、和風だしの素をふりかけ味を調える。

 

IMG_6960.JPG

 

今日はひでおばあ得意の大根の漬けものを紹介します。

この大根の漬けものはひでおばあが島袋家にお嫁に来てからお姑さんと一緒に作ったものだそうです。大根がおいしい冬の時期に大量に作っていました。今回は2、3日で食べる用に浅漬けにしていますが、昔は大量に作った大根の漬けものを、半年以上古漬けしたそうです。その古漬けの大根の漬けものを昔の家族や親戚たちは、味が濃くておいしいと、とても喜んだそうです。このレシピは、お茶うけにすることが多かったそうで、子供からお年寄りまで大好評。門中で法事が多い島袋家では、大量に仕込んだこの漬けものが、行事のたびに登場します

大根の漬けものを作るときは、大量なのでスライサーを使うと便利。おばあは孫たちに軍手をつけて作業させます。作るポイントは水気をしっかりとること。また黒糖や醸造酢はできるだけ質のよいものを使うことを心がけています。特に酢は果実酢と混ぜた、ツンとしすぎないもので甘めのものがひでおばあ好みです。「黒糖とお酢がおいしいと漬け物はおいしいさ~」とひでおばあは話してくれました。

 

IMG_0204.JPG

大根の漬けもの(黒糖味)

材料(10キロ分) 大根 4本(1本2キロ程度のもの)

塩 450g

酢(今回は米酢と果実酢を混ぜた醸造酢を使っています) 900ml

粉黒糖 1.6キロ

 

作り方

DSC_0568.JPG

1.大根の皮をむいてたてに4等分にし、5mmほどのいちょう切りにする。

※おばあは大量に作るのでスライサーを使っています。

 

DSC_0577.JPG

2.1に塩をかけてもみ、一晩重石を載せて置く。

 

DSC_0581.JPG

3. 一晩おいたら水をよく絞り、粉黒糖、酢をかけてもんで混ぜる。

 

DSC_0585.JPG

4.まざったら、煮沸消毒したビンに詰め、2~3日で食べることができます。

※常温の直射日光があたらないところで保存してください。

 

 

大根の漬けもの(ノーマル味)

IMG_6953.JPG

 

黒糖が苦手という方は、氷砂糖を使ったものがおすすめです。氷砂糖1キロほどを工程3の粉砂糖の代わりに入れてください。氷砂糖は溶けにくいので2、3日ほどおいてその間適宜混ぜながらよく溶かして工程4に進んでくださいね。

 

 

okireci.png

明けましておめでとうございます。

 

おきレシより新年のご挨拶です!

 

2017年初日みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

沖縄はようやく冬の温度が感じられるようになりました!

 

昨年は、おきレシにとってイオン琉球さんと

 

レシピサイト「イオン琉球のおいしい県産レシピ」や

 

動画の提供をはじめた新しい一年でした。

 

また「はえばる美瓜レシピコンテスト」や

 

「1週間レシピコンテスト」「まめまめまーめレシピコンテスト」など

 

みなさんの手軽でオリジナルなレシピを

 

たくさん投稿していただいたこと、

 

本当に感謝しています!

 

今年も沖縄食材をみなさんに楽しんで

 

食べてもらえるように、ブログ・FBなど、

 

引き続き、情報発信にまい進していきたいと思います!

 

2017年もおきレシのご愛顧のほど

 

どうぞよろしくお願い致します!

 

みなさまの1年が輝かしい実り多き1年になりますように!

 

<新年初めてのINFOMATION>

1、イオン琉球の県産レシピ1月号のレシピ公開しましたよ♪

kensanreshipi2017.png

 

2、1月中にムスリムレシピ開発コンテストを開催します!

詳細が決まりましたら、おきレシ上で告知しますので、

ぜひご応募くださいね!

↓↓↓こちらから昨年の受賞レシピが見れます↓↓↓

2017kijimuslim_okireci_top.jpg