レシピを投稿する
2012.07.26

ゴーヤーのニョッキ・ブルーチーズソース

ゴーヤーのニョッキ・ブルーチーズソース

緑のニョッキを緑のブルーチーズソースで!

2012.07.26
709
2
11
共有する
調理時間:
カロリー: — Kcal

材料 3人分

<ニョッキ>
ゴーヤー 1/2本(125g)
じゃがいも 250g
強力粉 40g
卵黄 1個
バター 15g
パルメザンチーズ(粉) 15g
塩・こしょう 少々
<ブルーチーズソース>
ゴーヤー 20g
少々
ブルーチーズ 80g
生クリーム 200cc
こしょう 少々

作り方

1ニョッキを作る(ゴーヤーの下ごしらえ)

ゴーヤーは、ワタと種をとり、一口大にカットし、耐熱容器に入れて600wの電子レンジで1分30秒加熱し、すぐに冷水にとり、水気を絞る。フードプロセッサーで細かく刻む。再度、水気をよく絞る。

2ニョッキを作る(じゃがいもの下ごしらえ)

じゃがいもの皮をむき、一口大にカットし、耐熱容器に入れて600wの電子レンジで5分加熱する。蒸しあがったら、ペーパーで水分をふき、マッシュする。

3ニョッキを作る(混ぜる)

(2)にバター、パルメザンチーズ、塩・こしょうを加えて混ぜ、さらに(1)のゴーヤーと卵黄を加えて混ぜる。そこに強力粉を加えてさらに混ぜる(こねない。粉っぽさがなくなって、全体がなじんでくればOK)。

4ニョッキを作る(成形)

生地を2.5cm程度のソラマメ型にする(成形の前に生地を一度冷蔵庫に入れておくとやりやすい)。

5ソースのトッピングを準備する

ゴーヤーは縦半分に切ってワタをとり、3mm程度の薄切りにしてから6等分に切る。塩少々をまぶし、熱湯でサッと茹で、冷水にとり、水気を切っておく。

6ソースを作る

鍋にブルーチーズと生クリームを入れて弱火で加熱しながらチーズを溶かし、こしょうをふる。

7ニョッキを作る(茹でる)

ゴーヤーを茹でた沸騰したお湯に(4)を入れて茹で、ニョッキが浮かび上がってきたらザルにあげる。

8盛りつけ

茹であがったニョッキを器に盛り、ブルーチーズソースをかけ、ゴーヤーをトッピングする。

お料理のポイント

ゴーヤの苦みとブルーチーズのクセのあるお味がおいしいです! 今回は、ゴーヤのツブツブ感を出して存在感をアピールしましたが、なめらかにしたい場合は、生のゴーヤを擦って、水気を絞って使うとよさそうです。

コメント

最近、ブルーチーズにハマってます♪
お料理にアレンジして楽しめるのですね~。
とっても、お洒落でおいしそうですっ。

hachiさん、コメントありがとうございます。
私も最近、ブルーチーズにハマっています。
おいしいですよね〜。
ゴーヤって、こういうクセのあるものと相性がいいかな?って思っています。

ブルーチーズとゴーヤーの組み合わせ
かなり美味しそう~食べてみたいです。

Kam

kamさん、コメントありがとうございます。
ブルーチーズとゴーヤーはクセのあるものどうし、なかなか相性がよかったです!

美味しそう!!
料理と器が合っているのもステキです。

ペリーコロさん、コメントありがとうごます。
この器は、「丹波の立杭焼」です。洋食にも和食にも合うので、お気に入りなんです!

これも難しい1品ですね。すごい!

ソムリエHさん、じょーとー

美味しそう!チーズ大好きなので今にでも食べたいくらいです~♪
ゴーヤーの苦味もうまい具合にマッチしますね。

コメントするにはログインが必要です

同じ食材のレシピ

2015.12.10 簡単!RAWクリスマスパフェ

ベジパフェスイーツ5大アレルゲン除去

2014.04.16 新たまねぎのピクルス

ごはんにもパンにもピッタリおつまみも♪

2013.08.22 ゴーバーグ

ピーマンの代わりにゴーヤを使用!!